気になるブツブツ、それ、イボかも!

 

首筋、胸元、背中などにに感じるボツボツ・ブツブツ。 なんだろう?今まではこんなのなかったのに?
肌が乾燥しているだけ?シミ?ほくろ?

 

それ…「イボ」かもしれません。

 

イボって種類がたくさんありますが、首、胸元、背中、顔にできるようなイボは皮膚の老化現象が原因と言われます。 (自分では判断が難しい場合があります)

 

イボ(スキンタッグ)って何?

イボとは、主に皮膚にできる良性の腫瘍(できもの)のことです。魚の目、老人性角化腫、伝染性軟属腫、水痘(水ぼうそう)、フォアダイスなどのドーム状の腫瘤と手足や顏、足の裏などにできるヒトパピローマウイルス感染によってできる腫瘤があります。尋常性疣贅とも言われる皮膚型のウイルス性の腫瘍は、皮膚に感染することで発症します。

その中でもスキンタッグ首や脇の下、胸元など皮膚の薄い柔らかい部分にできるものです。小さな突起上が皮膚状にでき、大きさは2〜3ミリ程度の微細なものです。スキンタッグより大きなものは軟性繊維種、懸垂性繊維腫とよばれ、さらに微細なものはアクロコルドと呼ばれています。
スキンタッグはさまざまな要因でできます。一つは加齢による要因です。紫外線や外部からのダメージの経年の積み重ねで、弱った肌にできやすくなります。また年齢を重ねた肌はターンオーバーが乱れ、古い角質が溜まりやすくなります。もう一つは衣類やアクセサリーの摩擦です。例えば、首であればネックレス、脇の下は下着など、薄くて弱い皮膚はこれら摩擦を繰り返すとダメージを受けてスキンタッグができやすくなります。それから遺伝要因もあります。体にイボができやすい体質の方は、スキンタッグもできやすいと考えられています。

イボができる原因

イボには、次のような原因があります。

ウィルス

一つ目は、ウイルスです。イボの多くは、ヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウイルス)というウイルスが体内に侵入して皮膚下層の基底細胞に感染して発生します。通常、健康な状態であれば外部からのウイルスの侵入をブロックできるのですが、体力が弱っていて免疫力が下がった状態のときにこのウイルスの攻撃を受けるとイボができやすいです。それ以外にはプールなどで感染することもあります。

加齢

二つ目は、加齢による要因です。人は年齢を重ねるとはイボができやすくなります。このタイプのイボを老人性イボといい、顏、首周り、背中などにできやすいです。ウイルス性のイボではないので人から人へうつることはありません。

紫外線・環境

三つ目は、紫外線や外部環境の影響です。首や胸元などにできる微細なイボです。若い人にも多いイボで、大きさは数ミリのとても微細なものでアクロコルドンと言われます。紫外線を浴びると皮膚にメラニン色素が分泌されるのですが、ターンオーバーが乱れるとこれがシミなどの原因となり、イボも同じようにメラニン色素の蓄積でできやすくなります。

摩擦

四つ目は、ネックレスやアクセサリーの摩擦でできる首や胸元のイボです。これらと皮膚の摩擦でイボができることがあります。

 

イボの治し方

イボの治療法には、次のような種類があります。

切除手術

一つ目は切除手術です。皮膚科などの病院で行う治療法で、ピンセットやハサミでイボを切除します。手術は、麻酔などで痛みもなくイボを完治することができます。レーザー治療や薬物治療では完治できない大きなイボも取り除くことができます。

レーザー治療

二つ目はレーザー治療です。こちらも病院で行うもので、医療用レーザーでイボをウイルスごと取り除くことができます。比較的小さめのイボに有効です。

病院での薬治療

三つ目は病院での薬治療として、液体窒素を使う方法です。液体窒素を布に染み込ませてイボに浸透させて、イボの組織を攻撃して治療していきます。それ以外にも注射でブレオマイシンという殺菌効果のある薬剤をイボに注射する方法もあります。

市販の塗り薬・貼り薬

四つ目は、市販の塗り薬や貼り薬などを使って自宅で治す方法です。イボを取り除く成分のサリチル酸が含まれた貼り薬や、サリチル酸の配合された塗り薬をイボに塗り込んで角質を柔らかくしてイボを取り除いていきます。病院行かずに塗り薬でも治療することができるので便利です。最近ではそれ以外にもイボの治療を目的とした化粧品も販売されているので、首や顏周りなどにできた微細なイボならこれも活用することができます。

艶つや習慣でイボをポロッと治す

イボというと「イボコロリ」を思い浮かべるかもしれません。 しかし、イボコロリって…顔や首など皮膚の柔らかい部分には使用できません。 イボコロリは魚の目やタコといった皮膚が固くなったイボに効果があります。

顔や首にイボコロリを使ってしまうと皮膚が黒くなってしまう可能性があるので避けましょう。

 

首、顔、胸元などの皮膚の柔らかい部分にできたイボは結局病院に行かないと治らないの?

 

いえいえ。 そうした部分に効果のあるイボ化粧品があります。 それが…

 

艶つや習慣

 

この「艶つや習慣」、気になるブツブツ・ボツボツ・ざらざらのケアができるだけでなく、毎日のスキンケアもできます。
オールインワンでとてもお手軽!と大人気。

 

艶つや習慣の成分

アンズエキス ハトムギエキス

肌のバリア機能を補い、ターンオーバーをサポートします。

硬くなった角質、代謝の低下でザラザラになった肌をケアします。

この2つの成分、アンズとハトムギがあなたの気になるボツボツ・ブツブツをポロリッと落とします。
このほか、スキンケア成分として、年齢肌にぴったりのヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンも配合。

使い方

 

 

 

たっぷり120gと大容量なので家族みんなで使えます。

 

イボの種類はたくさんあり、素人目ではなかなか判別がつきません。 一度病院で診てもらって、自宅で市販の塗り薬で治るようなイボの種類だったら、艶つや習慣使ってみてください。

 

艶つや習慣公式サイトはこちら

 

20160121追加

イボの種類

イボには、次のような種類があります。
尋常性疣贅は、主に手足や顏などにできます。ウイルス性のできものです。これはヒトパピローマウイルスなどの感染が原因です。硬めのできものが皮膚状に突起物としてでき、最初は半透明ですが徐々に膨らんで白くザラザラした大きめになります。

 

足底疣贅は足の裏にできるイボです。原因は尋常性疣贅と同じようにウイルス性です。そして体重がかかると突起物は突起部分が平らになり、皮膚内に陥没してやがて皮膚がその上を覆うような症例になることもあります。

 

老人性疣贅は加齢によりできるイボです。脂漏性角化症とも呼ばれ、全身にできます。

 

徐々に大きくなり黒く変色することもあります伝染性軟属腫は水イボです。伝染性軟属腫は水泡が、首、胸元、脇の下など皮膚の柔らかい部分にできます。主にウイルス感染が原因ともいわれます。プールなどの感染も多いです。

 

扁平疣贅は平らなイボです。青年性扁平疣贅とも呼ばれ、青年期にできることが多いです。顔や手の甲にてき、青年性扁平疣贅成長とともに自然と治癒します。そして尖圭コンジロームは性器にできるイボの一種です。進行すると悪臭を放つようになります。

更新履歴